開成中学の国語の対策

開成中学の入試問題を解く上で重要なのは、点数の取れる解答が出来るかどうかといった点です。国語の入試問題は長文になります。しかも、年々、記述量が増える傾向にあるので、一問一問にかけられる時間は短く、それでいて確実に点数を取って行かなくてはなりません。
開成中学の過去問に目を通してみると、出題形式が変わったり、わざと難しく考えさせるような問題が出題されるといったことも見受けられます。簡単に惑わされたり、点数の取りこぼしをしないためには、きちんと手掛かりを見つけて解答出来る力が求められるのは言うまでもありません。
具体的な対策としては、まず長文に慣れること。そして開成中学の入試問題と同程度の長文の量に慣れることはもちろん、最後まで一気に読み切る力と論理的な思考力を養って行くことが必須です。
最初から過去問に挑戦するよりは、徐々にレベルを上げ、難しい問題に取り組んで行く方が良いでしょう。入試問題レベルを解けるようになったら、いよいよ開成中学の過去問に取り掛かります。
分からなかった所や間違った所を復習することはもちろん、苦手としている問題や引っ掛かり易い問題など、陥り易い傾向があれば確認しておく事も忘れずに行いましょう。
また、本番に慣れるためにも、過去問を解く際には、試験を想定し、制限時間内で問題を解く練習をするとより効果的です。
御三家の入試対策をぜひ行っていきましょう。

開成中学の入試問題(過去問)を攻略

私立男子校の中でも、特に難関と言われている開成中学といっても、入試問題には他の中学と同様に学校側の個性が伝わる出題傾向になっている事には変わりはありません。もちろん、難関校の中でもトップレベルの中学校ですから、難易度が低めの問題と言っても、あくまでも開成中学を志望している受験生にとってはという事になります。
入試問題に対する基本的なポイントは、過去問題をただ解くのではなく各科目の出題傾向なども把握しておく必要があります。
過去問題や模試のレベルから考えて、確実に得点を重ねていき高得点を取る事が、合否のポイントになりやすいので、事前にある程度の的は絞っておくと入試問題を目にした時にも対処しやすくなります。
科目から見る入試問題の特徴は、過去問題から感じられるのは、算数と理科の難易度の高さかもしれませんが、近い年度になるにつれて傾向が変わってきています。
これまでの開成中学の入試では、算数と理科が合否に大きな影響がある傾向が強かったのですが、近年の入試では、国語が合否をわけるポイントになるケースが多くなっています。特に出題される文章の出版が5年以上前のものが出題されている傾向があります。
言い方を変えると、算数・理科・社会は開成中学を受ける受験生のレベルから考えても高得点になるので、取りこぼしがないように過去問題などで充分に対策をねり、類似問題を繰り返し解くことが重要になります。

開成中学の入試問題の傾向と対策

開成中学の入試問題は、出題の形式が色々あることから、開成中学の入試問題は対策のしようがなく、幅広い知識や深い理解力で突破しないといけないと考える講師が多いようですが、本当はそんなことはなく、開成中学の入試問題はある一定の根底は変わらないといえます。
その根拠は開成中学の過去問をこなすのが一番わかりやすいと思います。
過去問題とは今までの試験の流れを把握したり、どのような出題傾向なのかわかったり、その時代によって大きく変わる場合は、例年と何が違うのかといったことなど様々なことを気づかせてくれます。
例えば理科についての過去問題は、科学者の視点での問題が多くあります。実際に実験を自分が行った時にどうなるか、どう感じるのかなどの部分が大きな割合を占めるといえます。
逆に普通の中学の参考書にでてる一般的な知識問題よりは、その時代による時事問題が多く出題される傾向になるので、しっかりと新聞などを読み理科の理解を深めることも重要となります。
結局の話、ある程度の知識を詰め込んだなら後は、アウトプットするだけの作業となるので、過去問などを多く解くことにより、開成中学の入試問題対策をしっかりと行うことが、合格への近道と言えます。

開成中学の算数の特徴

開成中学というと、言わずと知れた関東屈指の難関市立中学です。開成中学の入試問題はというと、全科目難問ばかりと思われますが、そういうわけではありません。例えば開成中学の算数は確かに過去は難問ぞろいでした。
しかしながら、ここ数年は難問は姿を消して、普通の入試問題が増えています。その事を知らずに難問対策ばかり行っても時間の無駄になってしまいます。事前に過去5年程度の過去問を解くことで、試験の傾向を掴め、どのような勉強をすれば良いかも見えてくる場合があります。
その観点からも、過去問は受験勉強のスタート時に、たとえ解けなくとも良いので一通りこなす事が重要です。
受験勉強の早い時期に志望校の過去問に触れることで、どのような勉強をすれば良いのかがわかります。
入試問題の難易度はもちろんのこと、入試問題の量や、合格点を取るための時間配分などを、早い段階から学ぶことができます。
開成中学といえども、満点を取る必要がなく、あくまで合格最低点を1点でも超えれば合格できる事は肝に銘じた方が良いでしょう。
反対に、直前期に過去問を解く事はあまりおすすめできません。スラスラ解ければ、最良の精神安定剤となりますが、全然解けなければ、自信を喪失することになります。直前期には新しいことは行わず、今まで行ってきたことの復習をするのが、良いかと思われます。

開成中学の算数の対策

開成中学の入試問題では、高度な思考力と作業力が求められるのが算数の特徴ともいえます。
過去問から見て具体的にいうのであれば、「規則性・場合の数」の書き出し問題や「数の性質」の問題があたります。問題を一目見て理解できないようなものでも、条件を読み解きながら進めていくことで導くことができるようになっています。
また開成中学の入試問題の傾向としては、毎年のように出題形式が変わるということもあります。そのため過去問等で演習していても、本番違う形式のこともあります。この際に慌てることなく対応できるかも大事となってきます。
さらに開成中学の入試問題の算数では、考え方を記述させる部分が多くなっています。そのため答えだけでなくどのように解いたかというのも大切になってきます。
先に述べたように出題形式が変わる開成中学の入試問題では、問題の難易度の見極めが大事になってきます。その上で時間配分を考え解いていく必要があります。
合格点を取っていくためには、過去問をみて頻出分野については落とさないように徹底して対策をしておくことが重要となります。考え方を記述する問題についても過去問を使用しながら、要点よくまとめる練習が必要となります。

開成中学の国語の特徴

開成中学の入試問題ですが、ここ最近では算数や理科が易化している傾向があるため、国語でしっかり点をとることが重要となってきています。
開成中学の入試問題では、国語は情報処理能力が必要となってきます。過去問を見てみても、設問の指示に従いながら解答の根拠を見つけ、論理的に読解する必要がある問題となっています。
出題される内容としては、ここ近年で出版されたものではなく、出版後5年以上経過したものが多くなっています。過去問から見てみると題材は日本の歴史や文化を背景に描かれた作品が比較的多く出されている傾向にあります。
開成中学の入試問題においても、記述問題は大きくウエイトを占めています。そのため、過去問等を利用しながら記述の練習をつんでおく必要があります。開成中学の入試問題では、3つのタイプの記述の問題が出題されるため、それぞれどのタイプでも書くことができるようにしておく必要があります。
また特徴として、設問パターンについてはどの問題も大きく変わらない傾向にあります。そのため、似たような問題を出す学校も含めて過去問で練習を積むことで国語の対策を行うことができます。
物語文が出題される時には、量も多く内容としても身近ではないものが多いため、文章を読むことに慣れておく必要もあります。

開成中学の理科の特徴

開成中学の入試問題の理科を過去問から見てみると、ここ近年は問題の難易度がかなり易しくなっているといえます。そのため、理科で他の受験者と差をつけることは難しいといえます。
開成中学の入試問題は、オーソドックスで問題文も読み取りやすくなっています。合格者の平均得点率は8割前後となっています。時間配分を間違えることがなければ、問題が解ききれないということもないようになっています。
1〜2題程度難しい問題があり、差がつくとすればここだけということになります。
これらを踏まえて対策をするのであれば、出題形式のパターンを踏まえた演習を積むことが大事となってきます。過去問を見てみると問われやすい内容や、出やすい内容といった所も見えてくるため、そこを集中的に対策することが重要となってきます。
記述問題については答え方のパターンが3つとなっています。それぞれの答え方が決まっているため、事前に準備しておけば、しっかり対応できるものとなっています。
開成中学の理科の問題では、選択肢が多いことも特徴となっています。それほど難解ではないですが、選択肢を多くしてあることでミスや勘違いをしやすくなっています。ケアレスミスをすることないように対応していくことが大事となってきます。

開成中学の理科の対策

首都圏の男子校私立中学校の中でも最難関と言われている開成中学ですが、以前は算数と理科で特に難しい問題が出題されていました。
開成中学の理科の入試問題の特徴は分野ごとにまんべんなく出題されるのが特徴ですすが、開成中学を目標としている受験生のレベルから考えれば標準から基本的な問題が多くなっていると言えます。
開成中学も他の中学校と同様に対策のひとつとして、過去問題に取り組み、出題傾向や時間配分を考えた対策が大切になります。
出題傾向を見ると、確かに各分野からまんべんなく出題となっていますが、分野別に細かくみていくと、出題傾向にも偏りがある部分もありますので、分野別に出題頻度の高いパターンの問題は充分に取り組んでおく必要があります。
理科が得意な受験生にとっては、かなりの高得点を取るチャンスにも思えますが、このクラスの受験生にとっては決して難易度が高いとはいえない問題なので、理科があまり得意ではないという受験生の方が逆にチャンスにも繋がる可能性があるという見方もできます。
開成中学の入試問題の対策としては、過去問を繰り返し解きながら、類似問題などにも着目をして、理科が得意な受験生は取りこぼさないように満点を狙う気持ちで良いと思います。理科が苦手といっても、このクラスの受験生であれば、充分にチャンスはあるのでしっかりと確実に得点をできるようにしていくことがポイントになります。

開成中学の社会の特徴

開成中学の入試問題は、国語・算数・理科・社会と4科目ありますが、受験生のレベルで考えると算数や理科は高得点をとる受験生が多くなる傾向がここ数年の流れになっています。
開成中学の合否のポイントとなる科目は国語になっていますが、過去問題を解けばわかりますが、国語以外の科目も開成中学を受けるレベルという意味であって、中学入試の入試問題のレベルとしては、かなり高いものになっています。
社会の問題に関しては、歴史や地理からの出題が多くなっていて、時事問題からの出題もあります。
しかしながら、毎年出題傾向の変わる事から過去問題だけをやるというよりも、日頃の時事問題や塾や市販のテキストなども含めて、広い範囲での対策が必要になります。
開成中学の社会の入試問題は、比較的難易度は基本的にできているので、受験生の得点は高くなる傾向にありますが、算数や理科と同じように、高得点が狙えるという場合には、取りこぼしがあると致命的になる事も考えなくてはいけないという事になります。
入試問題の特徴は、一般的には過去問題を中心に行いますが、開成中学の場合には、過去問題だけでなく、分野を超えた融合問題が出題される事が多くなっています。

開成中学の社会の対策

開成中学の入試問題のうち、社会の試験は安定して得点が取れる科目として認識されています。
過去問を見ても、知識を問われる問題が多いと言え、普段からのしっかりとした学習が重要となってきます。この点は、年度ごとで難易度のばらつきが大きいとされている、数学など他の開成中学の入試問題と区別されるところです。
開成中学の入試問題の過去問を分析してみると、総合問題、資料の読み取り問題などが基本的に出題されています。歴史、地理、公民が出されますが、歴史と地理の割合がやや多めなので、その点を留意して対策を立てると良いでしょう。
資料読み取り問題では、着実な知識力に加え的確な推察力が要求されるので、演習問題を多くこなし慣れることが大切です。
開成中学の入試問題独自の特色として、東京に関する地域の問題が出ることがあります。学校が立地している言わばご当地問題とも言えるものです。実際の試験で慌てないように、そのような問題傾向を認識し、関東地方の歴史、地理などを勉強しておくと良いでしょう。
問題量は少なくはないとされていますので、模擬試験などでは、時間配分に気をつけて問題を解くトレーニングを積むことをお勧めします。しっかり対策を立てて社会を得意科目としておけば、貴重な得点源としての期待が持てます。

麻布中学の入試問題(過去問)を攻略

麻布中学の入試問題の過去問を攻略するのはとても大変です。過去問集が出ていますが、人気な学校になるのでその過去問の量がとても多いです。そしてその問題を解いてみると分かるのですが、傾向というのがそこまでかたまっておらずわりと頻繁に傾向が変わるので攻略するのがなかなか大変です。
麻布中学の入試問題の過去問を見てみると、特徴としては社会的な時事問題など勉強をしていればいいという生徒には分からないような問題が出てきます。きちんと日々の時代の流れを分かっているかどうかということを探ってきます。そうした場合にも柔軟に対応できるように普段からテレビや新聞なども見て勉強すると良いでしょう。
ですが中学受験ということは小学生が受験する訳ですからそこまで難しくしても今度は合格できる生徒がいないという事態にもなりかねません。そうなっては困るので、適度に簡単な問題も取り入れています。
ただ難しい問題にはそれだけ点数が高いので、それができるかどうかは合否にかなり影響してきます。
麻布中学の入試問題を全て解いてみてから自分なりに傾向を把握しているということが大事になります。
麻布中学の入試問題は難しいと思って取り組みましょう。

麻布中学の入試問題の傾向と対策

麻布中学は私立中学校の中でも難関と言われていますが、過去問を読み解きますと、
特別なテクニックを問うような入試問題ではないことがわかります。

ある年の算数の入試問題ではバスのプリペイドカードの割引を例に挙げて、問題文で割引についての情報があたえられて、1乗車当たりの単価を求めよという身近な話題で基礎的な割り算や百分率を問う問題で、基礎的な算数の能力と情報の整理の能力を問うています。
また、ある都市の社会の入試問題でも陶磁器とその伝来に関して長文問題文を与えられて、そこでは、基礎的な九州地方の地理知識と日本及び朝鮮半島の文化の伝来という社会科の基本的な知識と問題文を読み取る力を問うています。
このうような過去問から、麻布中学入試問題は単なる丸暗記で突破できるものではなく、基礎的な知識と問題の読解力を麻布中学の過去問から養う必要があるものと言えます。離れが必要があるという意味と麻布中学の入試問題が問題文の文章が長文の傾向がある事や情報量が多い事から練習を重ねて入試問題に慣れておくことが必要といえます。麻布中学の入試突破法に関しては習うより慣れよという言葉が当てはまります。この学校につきましては、過去問を見て、問題傾向を覚えるのではなく、慣れる事に専念しておくことが大切といえます。
参考サイト