麻布中学の国語の対策

麻布中学の入試問題は完成度が高いとよく言われています。それは過去問をやることで理解するのが一番早いのですが、簡単に説明していこうと思います。
まず国語については題材選びが工夫されています。基本的に麻布中学の入試問題は物語文となっています。ほとんどが哲学的なテーマを扱っていて、確実に正答がある問題を用意してくれるので国語への深い理解力があるなら問題ないと思われます。
過去問を見てみるとわかるのですが、大体の物語の文字数が6000字とボリュームが多いので必要な部分を抜き取る能力が必要となります。
文章の制約については、そこまで過激な思想を持った文章は出されないという点にあります。自立、自分探しや自由など哲学的なテーマは平和的なものが多いと印象になります。
麻布中学の入試問題は設問数12から14問程度となっていて、記述式がほとんどとなっているので、漢字などもしっかりとかける必要性があります。過去問の中ではほとんどが選択式の時期もあるので、記述式のみという考えにとらわれてしまってはいけません。
麻布中学の入試問題の特徴としては心情を問うものが多くて、比喩表現の意味を問うものなどが多いため、しっかりと過去問を行って対策を練ることが重要です。