麻布中学の社会の特徴

麻布中学の社会の入試問題の傾向として、ただ単に暗記力を試すのではなく、資料を読み取ったり、地理について、自分の頭で考えながら解く問題が出題されている傾向にあるので、幅広い社会科の知識が必要になってきます。
特に資料を参考にして答えを導き出す設問の配点は高く、常日頃から社会に関する様々な事象について興味を持っていることが大前提となります。
麻布中学の過去問対策をするにあたっては、社会科全体を学び直す作業から始めていくので、塾などで指導される場合には、社会科の基礎から学ぶのが一般的です。
もちろん麻布中学の社会科の入試問題は非常にレベルが高いのは事実ですが、毎日コツコツと社会科に関する知識を蓄えていけば、試験本番になっても、その力をフルに発揮できますから、あまり肩に力を入れずに勉強を進めていくことが大切です。
過去問を何度も読み解いていくことで、本番に向けてのトレーニングにもなりますから、ぜひ麻布中学の入試問題対策をするなら、塾などに行って勉強させてみましょう。
麻布中学の過去問では、小学生ながらも思考力が問われる社会科の入試問題なので、塾では思考力を鍛える学習方法を展開してもらうことができるのでです。