駒東中学の入試問題(過去問)を攻略

駒東中学入試問題の過去問は算数、国語、理科、社会の4教科です。
男子最難関校といわれるほどのレベルの高さが指摘されているのが数学で、公式などを使って時間をかけて計算するもの、知識や論理問題、作図をさせる問題と思考力や作業力を要求されます。数学が得意でなければ駒東中学の入試は難しいといわれるゆえんです。
それに比較すると国語は基礎的な問題が多く、漢字、選択、記述とバランスのとれた配分になっているのが特徴で、駒東中学の入試問題の過去問で合否を分けるのは国語だといわれています。
理科は化学、物理、地学、生物の全範囲と分野からの出題となっており、過去問で複合問題が出題されたことはなく安定して基礎的なレベルをクリアしていれば得点源にできます。
社会は歴史の比重が大きく、試問題の過去問でも駒東中学は歴史、公民、地理、時事問題が総合的に問われるのが特徴です。少子化やアジア諸国との関係、政治と税のしくみなど社会的なテーマを取り扱っています。
駒東中学の入試問題を過去問から分析すると思考力、表現力といった暗記では対応できない実力を評価していると考えられます。
特に数学は日本でもトップレベルの難問が出題されており、駒東中学以外の難関校を受験する入試問題としても活用されています。
数学を得意とする人材がこぞって受験するため過去問を時間内にクリアできるかどうかが受験資格があるかどうかの見極めになるといえます。