駒東中学の算数の特徴

駒東中学の入試問題の過去問の算数の出題傾向の特徴としては、導き出した答えそのものが正解していれば良いというだけでなく、どのようにその答えを導き出したのか、考えを記入する問題が多く出ている傾向にあります。
このため回答の正当云々よりも、どちらかというとプロセスが重要視される入試問題なので、思考力が試されるテストとなります。
また数式だけではなく、記述や考え方なども重要視されてくるので、駒東中学の入試問題の過去問対策をするためには、とにかく思考力と、算数の基礎学力の向上がキーワードとなってきます。駒東中学の入試問題では算数の採点方法も、記述された考え方の部分点で加点してくれるので、しっかりと対策をしていくことで、合格を狙うこともできるのです。
駒東中学の入試問題対策では、数学的な思考力を身に付けるためのカリキュラムを実施していくことになりますから、過去問の問題について瞬時にその問題がとけるような能力を身に付けることが重要です。
個別指導の学習塾ならば、数学的な能力を身につけるための後押しをしてくれます。
これから駒東中学の入試問題で、算数の過去問を対策していきたいという親御さんは、個別指導型の学習塾に通わせるのも良いでしょう。