駒東中学の国語の特徴

駒東中学の国語の入試問題は平均的な長文読解の問題と、漢字力を試される問題に、語句の問題などが出されています。
過去問の中でも長文は、受験生と同世代の年代の人物が主人公となる文章題が出題されるので、人間関係に関する文章題が多く出される傾向にあります。
駒東中学の場合、国語の入試問題で点数を如何に獲得できるかで合否が決まりますから、国語には特に力を入れておくことが大切です。
他の中学受験と同じように、過去問を暗記して行ったり、過去問から出題を予測する勉強方法でも、力をつけることはできますが、合格力を身に付けるなら、国語そのものの学力の底上げが課題となるので、勉強する習慣がないお子様の場合には、学習塾や家庭教師をつけて対策させるのが一番です。
難易度的には、平均的な中学受験の入試問題と同じなので、駒東中学だからといって特に気張る必要はありません。
日頃から国語の予習復習にプラスして、塾に通わせていれば、確実に高得点が狙えますから、学校のテストの点数が高いからと言って油断するのではなく、駒東中学の入試問題で点数を取れる様にするために、過去問を参考に国語の学力をアップさせることに、力を注いでいきましょう。