駒東中学の国語の対策

駒東中学の入試問題対策で国語の過去問対策をするなら、まず長文読解力を身に付けることが最優先です。
なぜならば駒東中学の国語の入試問題では、前置きの文章にプラスして本文が6000文字から8000文字程度の文章を読み、後の質問に答えることになるので、普段から長文を難なく読める力を身に付けることが、駒東中学の過去問対策のキーワードです。
駒東中学を受験する生徒は、国語の入試問題も高得点を取る傾向にありますから、ライバルに差をつけるためには、まず国語力の向上をさせて、満点に近い高得点を取らせることが大事です。
そのためには駒東中学の過去問を見るだけでは、試験対策とはならないので、マンツーマンの授業が受けられる塾や、家庭教師で学ばせることが肝心です。
駒東中学の過去問では、似通った内容の文章が出題されており、人間関係にまつわる文章題が主な出題傾向なので、まずはそのジャンルの小説や文章を読ませるのも有効な試験対策になります。
駒東中学の入試問題は算数も国語も配点が高いですから、確実に合格圏内の力をつけさせるなら、小学校低学年のうちから国語力の向上に努め、入試問題を難なくクリア出来るレベルまで育てることが必要です。