武蔵中学の入試問題(過去問)を攻略

武蔵中学の入試問題で高得点を取るためには過去問の分析とそれに基づく対応が重要となります。
武蔵中学の入試問題の特徴を一言で言い表すならば、受験生の洞察力や思考力を問う問題が多いと言うことができるでしょう。問題も他では見ない独特なものが多く、設問の文章をしっかり読み、その意図するところを正確に把握する力が求められます。
また、武蔵中学の入試問題の過去問では、記述式の解答を要求されることが多くなっています。しかも過去問の傾向では、字数を制限しないで自由に書かせる問題も科目を限らず出題されています。
例えば、数学科目の過去問では、非常に広いスペースの答案用紙が渡され、答えに至る計算過程、思考過程を記述する必要があります。これに対応するには、普段から記述式の問題を解き慣れ、表現能力を高める訓練が有効になってきます。
もちろん、しっかりとした記述答案を作成するためには知識や計算力などの基礎的な学力が前提となってきます。早めの準備により基礎学力を高め、残った時間をじっくり応用問題にかける計画的な学習が武蔵中学の入試問題を攻略する鍵となってきます。
過去問を解き込んでいくうちに全体的な傾向が徐々につかめてくるので、全科目一度目を通しておくことをお勧めします。