武蔵中学の国語の対策

武蔵中学の入試問題の国語の特徴を過去問から見てみると、字数制限のない記述問題があります。長文問題1題に字数制限のない記述問題が5題となっており、これの対策が必須と言えます。
武蔵中学の入試問題での記述対策としては、とにかく書く練習が必要となります。過去問を使用するなどして、この形にしっかり慣れておく必要があります。
武蔵中学の入試問題では、要約する力が必要となります。文章から必要な情報を拾い、他者に正確に伝えられるかが大事になってきます。
さらに、主人公の感情を行間から読み取ることも必要となってきます。心情を表現する語彙等に意識を向けながら読解を進めていく練習も効果的となってきます。
武蔵中学の入試問題の記述でのポイントとして、解答欄を全て埋めようとする必要はないということもあります。とにかく長く書こうとするのではなく、要点をしっかりと押さえて的確に書くことが大切になってきます。このあたりについては、過去問や問題集を使って要点を押える練習をしておくと良いといえます。
取り上げられる作品については、過去問を見ても分かるように以前は物語文でしたが少しずつ変わってきています。そのため、どのような文章が来ても大丈夫なようにしておく必要があります。