武蔵中学の理科の対策

武蔵中学の入試問題の理科は独特な出題傾向があります。
過去問の中でもとりわけ文章題やグラフを読み取る問題を重視している傾向にあるので、武蔵中学に合格するためには、とにかく理科の実験やデータなどから得た客観的事実を論理的に頭でまとめる力が必要となります。
武蔵中学の理科で必要な能力は論理的思考能力ですから、学習塾などで指導をする際には、理科の中でも論理的思考に重きをおいて勉強を進めていきます。
過去問をひたすら対策していけば合格できるような問題ではなく、理科に関する基礎知識はもちろん、自分の頭で考えるという作業が身についているかどうかが試されます。
武蔵中学の理科の入試問題は癖のある問題なので、理科が苦手な場合には自力で勉強する以外にも、家庭教師や塾などで、バックアップをしていくことが必要です。
もちろん難しい入試問題と言っても、高度な知識を要求されるわけではないので、武蔵中学に合格するためにはあくまでも、これまで学んだ理科の知識を活用出来るかどうかが問題とになってくるのです。過去問を見るだけではなく、日々理科の知識を習得して考えることが合格への近道ですから、武蔵中学の試験問題はしっかり対策していきましょう。